会社設立をお得に便利に行なうために|サポートを依頼する

男性
  1. ホーム
  2. 業務の違い

業務の違い

相談

ビジネスをする上では、「インバウンド」と「アウトバウンド」に対する正しい認識をしておくことが求められます。インバウンドとは、ビジネスにおいては、企業が顧客からの電話や訪問を受け付ける業務のことを指します。客からのクレーム処理や注文受付などに代表されるコールセンター業務に対して使われることが多いです。そして、通信業界においてインバウンドとは、外部からデータを受信することを指しており、ネットワークに対して内向きになる通信のことを意味します。また、最近特にインバウンドという言葉が使われているのが、旅行業界です。インバウンドは、外国人観光客を自国に誘致する意味になりますが、海外から日本へ訪れる観光客の意味として使用されることが増えてきています。2020年の東京オリンピックを前に年々急増している海外観光客をいかに取り込むか、インバウンド向けのサービスに力を入れることが、ホテルや旅行会社にとっては目下の課題となっているのです。

では、アウトバウンドとはどのような意味になるのでしょうか。アウトバンドは、インバウンドは対になる意味を持ちます。ビジネスで使用されるのは、企業から顧客へ行なう業務となり、こちらもコールセンターなどで用いられる言葉です。顧客に対して電話をかける業務がアウトバンドになりますが、業務内容はセールスからクレーム対応まで多岐に及びます。コールセンターにおいては、インバウンドと、アウトバウンドでは、求められるトークスキルも変わってくることが特徴に挙げられるでしょう。